投資

【不安解消】老後資金がいくら必要か把握できれば人生を豊かにできますよ

ヒーロボ
ヒーロボ
こんにちは。
みなさんの家計の主治医 ヒーロボです。

このブログでは資産形成について発信していますが
みなさんは何のために資産形成をしていますか?

・子供のための教育費
・将来の住宅購入
・老後資金

目的は色々ありますが、やはり老後資金が
一番多いのではないでしょうか?

老後資金は2000万必要と言われていますが
本当にあなたにとって2000万は必要ですか?

収入や貯蓄額、家族背景も全然違うのに
一律に2000万と考える方が不自然だと思います。

あくまで平均で2000万程度不足するというだけなので
自分にとって必要な老後資金はあなた次第になります。

老後資金を把握すれば無駄な貯蓄をせず
現在の生活が豊かになりますよ!

要点

とりあえずここだけ読めば大丈夫

この記事はこんな方にオススメ!
老後資金2000万問題に不安がある方
現在の貯蓄ペースに不安がある方

記事の内容
老後資金2000万必要とは限らない
老後資金だけでなく現在の生活も充実させるべき
必要な老後資金と不足する老後資金を計算する
老後資金の確保するためには
・貯蓄額を増やす
・生活費を減らす
・老後の期間(年金に依存している期間)を短くする

結論
適切な老後資金を把握すれば現在の生活と老後の生活の両方を豊かにできます

老後資金2000万について

老後資金は2000万必要と言われていますが、
あくまで平均的な家庭の話です。

総務省の家計調査報告によると、定年退職後、
公的年金などの収入が1ヶ月19万円程度で、
月々の支出が27万円程度とされています。

毎月8万円足りないため年間の不足額が約100万円となり、
老後が20年とすると約2000万円不足することになります。

しかし、人によって定年退職をする時期は違いますし
月々の支出も27万円とは限りません。

ヒーロボ
ヒーロボ
老後資金2000万円不足というのは
全然当てにならないんです!

老後資金にお金をかけすぎない

老後資金は将来のための貯蓄です。

しかし、老後のために現在の生活を我慢してまで
貯蓄するのは個人的にはもったいないと思います。

もちろん、老後資金も大事ですが、
現在の生活を充実させるのも同じくらい重要です。

自分の老後資金がいくら必要かわからないと
結果として現在の生活を圧迫してまで
老後のために貯蓄している可能性があります。

ヒーロボ
ヒーロボ
そのようなことを防ぐためにも適切な老後資金の
必要額を確認する必要がありますよ。

必要な老後資金の確認方法

上での説明の通り、必要な老後資金は

【(生活費ー公的年金) X 12ヶ月 x 老後の期間(年)】

を計算すれば良いことになります。

ここで言う老後の期間とは、
退職後収入がなく、年金に依存している年数を言います。

老後の生活費の計算方法

・現在の生活費から推測
生活費.comというサイトでシミュレーション

実際にシミュレーションすると毎月約45万必要との試算がでました。
平均からはだいぶ離れた結果ですね。笑


(生活費.comのサイトから引用)

ヒーロボ
ヒーロボ
現在の我が家の生活費が毎月50万円程度なので
割と正確ではないかと思います。

公的年金の計算方法

日本年金機構の「ねんきんネット」で確認できます。

ねんきんネットへの登録に必要なもの

年金手帳


(日本年金機構HPより引用)

ねんきん定期便に書いてある「アクセスキー」

(日本年金機構HPより引用)

※ねんきん定期便がなくてもユーザーID発行をすれば使えます
(ただし申し込み後、5営業日程度かかります)

年金手帳しかないけど、今すぐ年金額が知りたい!
という方には、三井住友銀行の年金シミュレーションがオススメです。

こちらは年金手帳のみで年金額がわかりますよ。


(三井住友銀行HPより引用)

ヒーロボ
ヒーロボ
僕の場合は毎月18万程度のようです。
思ったより少ない・・・笑

実際に不足する老後資金を計算する

ここまでで必要な老後資金の額がわかりました。

知りたいのは不足する老後資金なので

【貯蓄額】ー【(生活費ー公的年金) X 12ヶ月 x 老後の期間(年)】

を計算することになります。

貯蓄額は正確に出すのは難しいと思うので、
およその値で良いと思います。

ヒーロボ
ヒーロボ
僕は60歳までに貯蓄額が1億円になる予定です。

60歳以降は全く働かずに90歳まで生きるという
割と過酷な条件で計算してみましょう。

これらを計算式に当てはめると、、、

【1億円】ー【(45万円ー18万円)X 12ヶ月 X 30年】

=+280万円

結構ギリギリでしたね。笑

計算するのがめんどくさい方は
松井証券の将来シミュレーターというのがオススメです。

最近はなんでもシミュレーションできてスゴイですね!

ちなみにこのシミュレーションだと僕の老後は1300万円余るそうです。
(老後の期間は20年で計算しています。)


(松井証券HPより引用)

先ほどの手動の計算よりはやや多い結果でしたが
支出と収入のバランスが不安定と辛口評価。。。

つまり、僕の場合は現在の貯蓄ペースや生活を続けていると
将来トラブルがあると老後資金が足りなくなるリスクがあるということです。

もう少し老後資金には余裕をもたせたいですね。
そこで最後は老後資金を確保するための方法をご説明します

老後資金を確保するための方法

上でも書いたように

【不足する老後資金】=

【貯蓄額】ー【(生活費ー公的年金) X 12ヶ月 x 老後の期間(年)】

となります。

そのため老後資金を確保するためには次の3つが必要です

貯蓄額を増やす
生活費を減らす
老後の期間を短くする

それでは具体的にどのようにしたらよいかを見ていきましょう。

この式で言うと公的年金を増やすのも
老後資金が増えるためには必要です。

しかし、公的年金がどうなるかわからないのと、
それほど増やしようがないので、今回の記事では省略しています。

貯蓄額を増やす

これは今までの記事でもお伝えしてきています。

貯金と投資を利用して積み立てていきましょう。

無理せず手取り月収の30%を貯蓄するためには4つのステップが重要!みなさんは将来のために貯金や投資をしていますか?人によって程度は違うと思いますが、理想は手取りの30%以上と言われています。我が家も手取りの30%以上を貯金と投資して、現在4年で2000万以上の資産形成ができています。今日は確実に手取りの30%以上を貯金するために必要な4つのステップをご紹介します!...

生活費を減らす

こちらもまずは固定費を削減することから始めましょう。

生活レベルを上げてしまうと、下げるのが大変なので
徐々に下げるようにするか、なるべく上げないようにしましょう。

節約生活に疲れた子育て家庭こそ見直して欲しい新4大固定費をご紹介!子育て中の家庭ってお金がかかりますよね。 ただでさえ子育てが大変なのに、節約して資産を貯めるのも大変。 自分の欲しいものや趣味にお金を使えないなんて拷問でしかない! そんな子育て家庭が節約すべきは固定費になります! 今日は子育て中の我が家が子育て家庭向けの「新4大固定費」をご紹介します!!!...

老後の期間を短くする

上でも書きましたが年金に依存する期間が
短いほど必要な老後資金は減っていきます。

具体的には

定年退職後も仕事を続ける
高配当投資などで不労所得を得る

などの方法が考えられます。

年金を繰り下げ受給することができます。

年金は繰り下げ受給することで(月数 X 0.7%)も受給額が増えます!

1年繰り下げるだけで、年間8.4%も増えることになりますが
これはS&P500の平均的な成長率と変わりありません。

つまり、年金を繰り下げ受給するだけで、
ノーリスクでインデックス投資をしているのと
同じリターンを得ることができるのです!

まとめ

今日は老後に必要な資金についてまとめました。

必要な老後資金は一律で2000万ではなく
個人個人でまったく異なります。

必要な老後資金を知るためには
・生活費
・公的年金の受給額
・年金に依存する年数
・貯蓄額
などを把握する必要があります。

僕は残念ながら余裕はありませんでしたが、
人によっては2000万円も必要なく、
余裕をもって貯蓄できるかたもいると思います。

老後資金は大いに越したことはありませんが、
現在の生活を充実させるのも同じくらい重要です!

自分に必要な老後資金を把握することで
現在の生活と老後資金の両方を充実させることができます。

ヒーロボ
ヒーロボ
お金を貯めることを目的とせず人生を
豊かにすることを目的にしましょう!
ABOUT ME
ヒーロボ
ヒーロボ
34歳、セミリタイアを目指している医者ブロガーのヒーロボです。 「誰でもできる資産形成」をモットーに同世代の投資家が増えることを願っています。現在の資産は8桁で50歳までには億り人になりセミリタイア予定です! 妻、長女、長男の4人家族。趣味はブログを読むこと、読書、サッカーです。共通点がある人はtwitterもやっているので絡みに来て下さい!
応援お願いします
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ