節約

先取り貯金は本当に有用か?4年間継続した結果も公開!

こんにちは。年収2000万ドクターのhiiiroです。

老後に2000万必要と言われていますが(これ自体は怪しいですが)、みなさん貯蓄はできていますか?
有名な貯蓄の方法に先取り貯金がありますが、本当に貯金できるのか気になりませんか?

僕も元々貯金ができず、良い方法がないか探していた時に出会ったのが先取り貯金でした。
今日は4年間先取り貯金を続けた結果をお伝えします。
先取り貯金を始めたいけど、本当に貯金できるのか気になる人にぜひ読んで欲しいと思います。

結論

先取り貯金は貯金しているつもりがないのに気づいたら貯金できている!!!!!
大事なのは自動で天引きしてくれる銀行を選ぶこと

先取り貯金とは

その名の通り、あらかじめ給料から決められた額を毎月貯金する方法です。
これはとても有名な「バビロンの大富豪」でも言われていることです(バビロンの大富豪では収入の1/10を貯金しろと書かれています)。

先取り貯金の方法

①給料の何割を貯金するか決める
②貯金用の銀行口座に振り込む
③定期預金へ振り替える

①給料の何割を貯金するか決める

バビロンの大富豪では収入の1/10と書かれていますが、ここは自分のお財布と相談になります。余裕がある人はもっとたくさん貯金して良いと思います。
個人的には最初は少しだけ無理してでも継続できるくらいの額を貯金するといいと思います。

というのも、貯金額が増えないとやる気が落ちてしまうので、最初に多めにためて達成感を得る方がいいかなと思うからです。
ただし、継続できないのも意味がないので、限界は越えないようにしましょう。
そのために自分の月の収入・支出を確認するのが大事ですね。

②貯金用の銀行口座に振り込む&③定期預金へ振り替える

先取り貯金でもっとも重要だと思うのが自動で②と③をしてくれる銀行を選ぶことです。
毎月、自分で貯金用の銀行口座に振り込んで、そこから振り替えるのはめんどくさいので、忘れたり辞めたりする原因になります。
この仕組みさえ作れば、後は勝手に貯金されるのを待つだけなので、最初だけ頑張りましょう。

オススメはソニー銀行

僕は先取り貯金用の銀行としてソニー銀行を選びました。

理由
①自動で給料用の口座から入金してくれる
②入金したお金を自動で定期預金に振り込んでくれる
③大手銀行と比べて金利が良い


この「おまかせ入金サービス」を使えば、毎月決まった日に自動で入金してくれます。
それを「積み立て定期預金」で預金設定をすれば、自動で入金→定期預金の流れができますので、後はほったらかしてOKです!
また大手銀行と比べて、金利が良いのも特徴です(ネット銀行自体、金利が良いですがソニー銀行は現在年利0.15%です)

4年間の先取り貯金の結果


それでは4年間の先取り貯金の結果を載せます!
4年間で400万近く貯金ができました!(ちなみにそれまでの5年間での貯金額は数十万程度です。。。お恥ずかしい)
もちろん、貯金に回すことができる金額が大きいというのもありますが、
重要なのは金額の大きさではなく、この間に貯金を継続するための努力は一つもしていないということです。
本当に4年間何もせずに気づいたら貯金ができていました。

先取り貯金を継続するために必要なこと

仕組みさえ作れば継続するために必要なことはありません。
強いて言えば、給料をしっかり稼いで、積み立てを継続できるようにすることと、金額を増やすことでしょう。

貯金し続ければいいわけではない

ある程度、生活防衛資金(生活の6ヶ月分)貯まれば、残りは投資などに振り分けていくのが良いと思います。
以前の記事でもお伝えしましたが、貯金のみでは将来のインフレに負ける可能性があるので、
余剰金で投資などの金融商品を買うことをお勧めします。

まとめ

今日は先取り貯金のやり方と、僕が4年間実践した結果をお伝えしました。
少し面倒だなと思うかもしれませんが、頑張るのは最初だけなので騙されたと思ってやってみてください(もちろん騙すつもりはありません。笑)
余裕がある人は貯金に加えて、投資の勉強と実践もできるといいですね。
僕達の老後は自分たちの努力で守る必要があると思うので、今から少しづつでいいので一緒に頑張りましょう!

ABOUT ME
ヒーロボ
ヒーロボ
34歳、セミリタイアを目指している医者ブロガーのヒーロボです。 「誰でもできる資産形成」をモットーに同世代の投資家が増えることを願っています。現在の資産は8桁で50歳までには億り人になりセミリタイア予定です! 妻、長女、長男の4人家族。趣味はブログを読むこと、読書、サッカーです。共通点がある人はtwitterもやっているので絡みに来て下さい!
応援お願いします
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ