投資

【みんな迷う】教育資金をジュニアNISAで貯めるのはアリなのか?

こんにちは。みなさんの家計の主治医 ヒーロボです。

みなさん、お子さんの教育資金はどのように貯めていますか?

貯金や学資保険で貯めている方が多いと思いますが
ジュニアNISAでの運用は考えたことはありますか?

2023年での制度廃止が決定したのですが、
むしろ制度廃止になったことで使いやすくなりました。

今回はジュニアNISAの変更点と、ジュニアNISAで教育資金を
運用することがありなのか検討したいと思います。

要点

とりあえずここだけ読めば大丈夫

この記事はこんな方にオススメ!
ジュニアNISAについてサクッと知りたい方
教育資金を貯める方法について迷っている方
記事の内容
ジュニアNISAが2023年に廃止となることで、
18歳までの払い出し制限がなくなった
教育資金を貯める方法には「貯金」「投資」「学資保険」があるが
リスクによって「貯金」と「投資」を併用すると良い
ジュニアNISAの払い出し制限がなくなったことで、
教育資金の投資方法として使いやすくなった

結論
貯金とジュニアNISAを併用して教育資金を貯蓄するのは「アリ」!

ジュニアNISAとは


成人用のNISAと同じく、非課税で投資ができる制度です。
対象は0〜19歳までで、投資枠は年間80万円までです。

詳しくは金融庁のHPで説明されていますのでそちらを参照ください。

ジュニアNISAは贈与税の対象になる

ジュニアNISAの投資資金は親から子への贈与とみなされます。

年間の贈与が110万円を超えると贈与税の対象になるので
ご家庭によっては注意が必要になります。

ジュニアNISAを紹介しておいてなんですが、

実は2023年で廃止が決定しました!!!

廃止が決定したのにむしろ使いやすくなった!


ジュニアNISAと成人用NISAとの違いは
ジュニアNISAには18歳まで払い出し制限があることです。

つまり一度お金を入れると小中高の学費には使えないということです。

そのような理由でジュニアNISAは使い勝手が悪く人気がありませんでした。

ただ、学資保険だって返戻率が低いので
実質払い出しできないような気がしますけどね

ところが2023年に制度が廃止になったことで、
2024年以降の払い出し制限がなくなりました。

そのため小中高の学費を貯めるためにも使えるように変わったのです。

制度廃止で使いやすくなるというのは、皮肉な話ですね。。。

2023年を過ぎたら購入した商品はどうなるの?

制度が終了する2023年を過ぎてもロールオーバーという制度を
利用すれば子供が20歳になるまで非課税で持つことができます。

ロールオーバーなんて難しそうですが、要は新規に買うことはできないけど
20歳までは非課税で買った商品を持ってていいよということです。

例えば2020年に2歳のお子さんに40万円の投資信託を買ったら、
20歳になる2038年まで持っておくことができます。

その間できることは「保有しておくか売るかの選択のみ」で
新規で買うことはできないということです。

教育資金を貯める方法


教育資金を貯める主な方法は「貯金」「学資保険」「投資」の3つです。

正直どの方法を選んでも、目標額が貯まればいいと思います。

必要な教育資金の額はどれくらい?

公立、私立によって全く違いますが

一番安いのが幼稚園〜大学まで全て公立の場合で700〜800万円
一番高いのが幼稚園〜大学まで全て私立の場合で2400万円

と言われており、最大で3倍近くの差があります。

この中でも特に大学の費用が最もかかると言われていますので
教育資金を貯めるとなると大学費用が中心になると思います。


(2020年、日本政策金融公庫)

最も安い国公立大学ですら500万円は貯める必要があります。

個人的には投資100%で問題ないと思っていますが、
やはり教育資金となると確実性を重視する方も多いと思います。

そこで学資保険が選ばれると思うのですが、
これは中途半端な選択じゃないかと思います。

なぜなら学資保険は十数年間、資産が動かせない割には
資金がそれほど増えないからです。

学資保険についてはこちらの記事も参考にしてください。

子供のために始めた学資保険!あれ?お金減ってるよ?子供が生まれたら、教育費を貯めなきゃと思う方も多いと思います。その中で、最初に思いつくのが学資保険ですが、本当に学資保険が最適なのでしょうか?今日は学資保険よりも貯金+投資信託の方が良いと思う理由をお伝えします。...

僕がオススメするのは「貯金」と「投資」のハイブリッドですが
そこで大事なのがやはりリスク許容度を考えることだと思います。

リスク許容度を考慮した教育資金の貯め方


以前お話ししたポートフォリオの話に似ていますが、
リスクを下げたい方は「貯金」の割合を多めに、
リターンを上げたい方は「投資」の割合を多めにすると良いです

500万円の教育資金を18年で貯めるとなると、

貯金だけで貯めるのであれば毎月23000円程度必要になり、
投資だけで貯める場合は年利3%とすると毎月17000円になります。

ちなみにソニー生命で月払い、払い込み期間18年、受け取り額500万円で
シミュレーションをしてみると毎月22950円支払いになります。
返戻率は驚異の100.8%!!!笑

ちょ、貯金と変わらないじゃないか・・・
それなら自由に引き出せる貯金を選びますよね。

例えばこれを「貯金」で300万、「投資」で200万貯めるとどうなるでしょう?
貯金で毎月9300円、投資で毎月10500円の合わせて19800円かかります。

このように自分のリスク許容度に合わせて
「貯金」と「投資」を組み合わせるのはオススメです!

そしてこの投資をする時に2023年までであれば
ジュニアNISAも選択肢に入るわけです。

今からジュニアNISAを始める方は、
2021年から始めるとすると最大で240万円まで投資ができます。

実際には3年で240万投資するのは大変なので、
もっと投資額は減ると思われるため、リスクはさらに下がります。

ジュニアNISAでの教育資金の運用は長期であればリスクはそれほど高くなく、
非課税で持つことができ、さらに制度廃止で途中での払い出しも可能になりました。

このことから、ジュニアNISAでの教育資金の運用はありだと思います。
ただし、しつこいですがリスク許容度は守るようにしましょう!!!

払い出し制限がなくなったことによる注意点


払い出し制限がなくなったのは良いことですが注意点もあります。

それは「教育資金以外の目的で途中で払い出す」ことです。

18歳まで払い出しができないのは不便ではありますが
強制的に貯蓄する方法でもあります。

途中で払い出せるとなると例えばローン返済のために
使ってしまうなんてケースもあるかもしれません。

どうしても使ってしまいそうという方は、返戻率は低くても
強制力のある学資保険が必要かもしれませんね。

まとめ


今日はジュニアNISAの廃止に伴う変更点と
教育資金をジュニアNISAで貯めることについてでした。

僕はジュニアNISA100%で教育資金を貯めていますが、
やはり全て投資で貯めるのには抵抗がある方もいると思います。

そのような方は貯金と投資を併用することで、
確実性もありながら、毎月の貯蓄額を抑えることができます。

ジュニアNISAを使えば、さらに節税になりますので
僕は教育資金をジュニアNISAで貯めるのはありだと思います。

ご自分のリスク許容度を考慮しながら、
子供達の将来のためにお金を貯めてあげましょう。

ABOUT ME
ヒーロボ
ヒーロボ
34歳、セミリタイアを目指している医者ブロガーのヒーロボです。 「誰でもできる資産形成」をモットーに同世代の投資家が増えることを願っています。現在の資産は8桁で50歳までには億り人になりセミリタイア予定です! 妻、長女、長男の4人家族。趣味はブログを読むこと、読書、サッカーです。共通点がある人はtwitterもやっているので絡みに来て下さい!
応援お願いします
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ