投資

投資は何と比べて怖いのか?比べるべきは貯金ではなく○○だ!

こんにちは。年収2000万ドクターのhiiiroです。

みなさんの中にも投資って何となく怖いと思っている人がいませんか?
僕は周りのドクターにも投資をオススメしているのですが、
やらない人がほとんどで、その理由はやっぱり「怖い」です。

「なぜ怖い」のかを知ることができれば、怖さは減るのではないかと思います。
「投資をしてみたいけど、怖くて始められない」と思っている人にぜひ読んで欲しいと思います。

結論

投資はお金が減る可能性があるから怖い・・・けど
投資は貯金と比べたら怖いかもしれないが、
日々の無駄遣いに比べたら怖くない

リスクについて

リスクという言葉の意味を確認してみましょう
リスクという言葉を聞くと、お金がなくなることと思っていませんか?

投資におけるリスクとは、結果の振れ幅のことを言います。
つまり、左の図のように大きく増えも減りもしないものはリスクが小さく(例えば貯金)、右の図のように大きく増えたり減ったりする可能性があるものはリスクが大きい(例えば投資)と言います。

貯金と比較したら投資の方がリスクがある

貯金と比べたら投資の方がリスクがあって怖いと思う方が多いと思います。
投資は資産が増える可能性がある分、資産が減る可能性もあるので、
貯金と比べたら確実性が下がり怖いと思われるのでしょう(それでも長期に保有すれば資産が増える可能性が高いですが)。
ただし、貯金も現在の低金利ではほとんど増えないため、インフレに負けるというリスクがあります(現金の価値が下がるので、相対的にお金が減っているということ)。

無駄遣いは資産が減るリスクしかない

一方で、無駄遣いはどうでしょうか?
無駄遣いをするとお金が減るだけで増える可能性は0です。
これって、投資と比べたら、圧倒的に怖くないですか?

投資は減る可能性があったとしても、それを補ってあまりあるプラスを生む可能性もあるわけです。
しかも、投資信託やETFなどであれば、減ったとしても0になる可能性は極めて低いでしょう。

自分が満足するものにお金を使うのはいいですが、
例えば、惰性でソシャゲに課金したり、使っていない定額制サービスに入っていたりしないですか?
これらはプラスの効果を生むことは絶対にない(少なくとも資産を増やすという意味では)ので、それらをやっているのであれば一歩踏み出して投資をしてみませんか?
月1万円の無駄遣いを、毎月投資に回せば年間12万円、10年間で120万にもなります!!!

減ったとしても0にはならないのであれば(個別株は別ですよ)、
無駄遣いよりは絶対に有用だと思います。
無駄遣いが怖くないのであれば、きっと投資もできるはず。

実際投資をしてみて

僕が投資を始めたのは2016年でした。
最初は投資信託から始めて、現在はETFや個別株などもやっています。
投資信託は200万ほどですが、コロナショックでは最大20万程度のマイナスでした。
やっぱり資産が減るのは嬉しくはないですが、少なくとも20-30年以上は持ち続けるので、特に気にせず保有しています。

資産が減るのが怖いと思っている人は、長期的な視点で投資を見れていない人だと思います。
生活資金とは別の余剰資金で投資をし、長期に保有すると思えば怖さはきっと減ると思います。

まとめ

今日は投資は貯金よりは怖いかもしれないが、無駄遣いよりは怖くないというお話でした。
このブログを読んで、一人でも多くの方が一歩踏み出せるといいなと思っています。
僕もまだまだ投資初心者ですが、一緒に頑張っていきましょう。

ABOUT ME
ヒーロボ
ヒーロボ
34歳、セミリタイアを目指している医者ブロガーのヒーロボです。 「誰でもできる資産形成」をモットーに同世代の投資家が増えることを願っています。現在の資産は8桁で50歳までには億り人になりセミリタイア予定です! 妻、長女、長男の4人家族。趣味はブログを読むこと、読書、サッカーです。共通点がある人はtwitterもやっているので絡みに来て下さい!
応援お願いします
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ